ついに始めてしまった鮎釣り

P8150369.jpg

【2016年8月の回想記事】

ついに還暦、自分でも実感なんて全くないけど事実60年も歳を重ねてしまいました。
そして、60歳になったから・というわけではないけれど、ついに鮎釣りを始めてしまいました。
実は数年前からやってみたいと思いつつも
・竿が高価
・おっさん臭い(あんたも十分おっさんやないか!は、わかってますよ、はい)
・何だか仕掛け(仕組み)がめんどくさそう
・すでに一尾の魚を付けてるのに、もう一尾釣れたところで面白いのか???
・誰かに教えてもらわないとできない
等々、ずっと悶々としていたわけですが、とあるDVDを買ってきて観てからは一気にやれる気になってしまい、早々と釣具屋さんへ行き、売ってある鮎竿の中でも最も安価な(それでも27,000円)を買ってしまいました。

そして、教材のDVDに教わった通りに装備や小物を買い揃えて昨夏(2016年)のお盆休みを利用してついに一人で鮎釣りに初挑戦したのでした。

場所は、きれいな渓流相の川が直接海へと流れ込む日本海側の小河川。
まずはオトリと釣り券を購入。
見た目だけはやり込んでるおっさん風に見えるのか、オトリ屋さんの人や、必ずそんな場所でヒマをつぶしてる常連のオジサンたちが何やかんやと話しかけて来ます。
『いやぁ、私今日が鮎釣り初めてなんですよぉ』と言ってしまえば良かったんですが、、、。
釣り番組だけはたくさん見ているために、オジサンたちが言ってる意味だけは良く解るもんだから、ついつい『そうですよねぇ、だから・・・ですよねぇ』と話が盛り上がり、結局今日が初めてだなんて言えずじまい。

そんなオジサンたちの『ここ(漁協)の前はたくさんいるから釣れるよ』とのアドバイスに、『いやぁ、海のそばで釣してみたいんですよぉ』と軽く言い訳をして、誰もいない海の近くへ移動し、こっそりと釣り支度をしたのでした。

P8080337.jpg

初めてのアユ釣りの場所。
橋の向こう側100メートルも行けばそこは海です。
透明度の高いきれいな水が流れる小さな川。

『よぉーし、やるぞぉ!』、まずは車からオトリかんを降ろして川の流れに沈め、タイツに着替えて竿を出して・・・・
『あれ???』
車の中、ルーフボックスの中、探しまくっても無いんです、ベストが!
そういえば、昨夜。
仕掛け類一式をベストのポケットに収納し万全の用意でハンガーにかけた・・・それを積み込むのを忘れてしまっていたのです。
目の前真っ暗でした、自分にめちゃくちゃ腹が立ちました(><)

しばらく自分を罵った後どうするかを考えて、まずは針と仕掛けを買いに行こうと先のオトリ屋さんへ行き、ベスト一式を忘れてしまったことを話し、残念ながら完全仕掛けは売ってなかったのでそこにあった針とオトリを付ける鼻カン周りを購入。
急いでオトリ缶を沈めたままの川へ戻り、急場しのぎで海釣用のリールに巻いてある糸を使ってハナカンから上の仕掛けを作り初めての釣りを始めたのでした。
オトリ屋さん曰く、竿を忘れたり、財布を忘れたりと、そのまま帰る人も必ずいるとのことで、釣り人あるあるなお話の一つを披露してしまったようです。
おかげで次にそのオトリ屋さんを訪れた時には『この前ベスト忘れた者です』で覚えて頂いたようでした。

そんなこんなで、超適当な自作仕掛けで釣を始めた訳ですが、こともあろうに2尾のオトリのうち最初のオトリは鼻カンをつける際にスルリと手の中をすり抜けて逃がしてしまいました。『うわぁ、もうダメかも・・・』後が無い残り1尾のオトリになんとか鼻カンを通し、やっとのことで初めての流し(泳がせ)にたどり着いたのでした。

アマゴやイワナならどこに魚が居るかがほぼわかるのですが、アユはわかりません。
とりあえず、放したオトリが泳いで行く通りに糸を張りすぎないよう下流について行くと、何だかわかりませんが違和感を感じ、『根掛かり?』と竿を持ち上げてみるとすごい勢いで糸が下流へと走り、きれいな水の中でギラギラと魚が光るのが見えました。
『やった!!!』
TVで見るようにサッと抜いてかっこよくタモでキャッチ、なんて芸当は到底無理なので慎重に竿を立てて手前に寄せて来るのですが、『何かおかしいだろ!?』と思うくらいの強い引。
たかだか16~7センチの魚が2尾ついているだけなんですが、これまで経験してきた釣からしたらまるで違う感触の強い引きです。

長い延べ竿(この時の竿は7メートル)と一本の糸での駆け引きだからこその面白さ、リールを使った他の釣りでは味わえない楽しさです。

こうして何とか初のアユを釣り上げ、無事にオトリ交換もできました。
とにかくアユの扱いやら鼻カンの通し方とか要領が悪くて上手くいかず、取り込みミスや鼻カンが上手くつけられずに4尾ほどのアユを放流してしまいました。

さすがに目印の無い仕掛けでは糸やオトリの場所も良く解らないので、車でちょっと走った所にある大手の釣り具屋さんの開店時間を待って完全仕掛けを購入してきました。

こうやって人生初めての鮎の友釣りをすることができましたが昼飯も食べずに3時頃まで粘った結果は12尾の釣果と自分でもびっくりの結果となりました。
実際に友釣りをしてみて、TVでアユ釣りのプロの方々言っている言葉の意味というものが色々とわかった気がしたのと、この釣りの奥の深さ、面白さを感じることができました。

結局お盆休みから始めたアユ釣りですが、2016年はこの後5回釣行しました。
備忘録もかねて毎回釣行記を書くつもりが下書きすらもできずじまいでしたが、もうすでに今シーズン5月末から4回も釣りに行っているのでまずは初釣行の記事から書いてみました。
今後はできるだけマメに、自分のために記録していこうと思います。

しかし、みなさんが解禁を待ちわびる気持ちが本当に良く解ります。
どっぷりとハマってみたいと思ってます。(^^)

テーマ : 鮎釣りの話、大鮎釣り、釣行記
ジャンル : 趣味・実用

またかわいそうなことを・・・・

午後9時すぎ、一杯呑んでご飯も食べ終わり、さらに追加で一杯呑みながら好きな釣り番組でも観ようとしていたその時。
シャッター半分(以上)降ろした店の外でドロドロドロ・・・・・と何やら怪しげな排気音。
まさか?ひょっとして?もしかして? ウチに来るのか??・・・・・
面倒なメールの返信をイライラしながら終えかけていたので外へ出ることもせずにいると、半ヘルのパンクな髪型のお兄ちゃんが入ってきて『お店何時までですか?』
椅子から立ち上がることもなく『7時半まで!』と答えると、『わかりました、また明日来ます』とお兄ちゃん。
待て待て待て・
エンジン音聞いただけでフツーじゃないバイク
『いじってあるヤツは診ないよ!』と言いながら外へ出てバイクを見ると、なんだかスクランブルな格好をしたW650(か400)。
『なんで買ったとこで診てもらわないのさ!?』
お兄ちゃん:『カワサキだったらここで診てもらえると思って・・・』
私:『どんなバイクも診るわけじゃないわ!!!』
酒も呑んでるし、イライラピー!の状態で相当怒った顔だったんだと思います。
お兄ちゃんは『どうもすいませんでした・・・』
お迎えの彼女らしき人の乗った車とともにそそくさと帰って行きました。

ドロドロドロ・・・・
バイクの音が遠くなっていくのを聞きながら落ち着きを取り戻しつつ(笑)
よくわからない若い男が多いと思う今のご時世、髪染めて、違法かもしれないけど、いじりまくったバイクを乗ってるヤツの方がよっぽど若者らしくて良いんだけどなぁ・・・
もうちょっと話を聞いてあげればよかったなぁと思いました。

タイミング悪すぎだよお兄ちゃん

20160523

20数年ぶりに見ることのできた景色。
林道以外の人工物が一切見えない広大な景色の中の御嶽山。

一瞬しかバイクに乗っていないのにこの景色を見れただけで大満足なツーリング???でした。

・にしてもこの季節で真夏のような御嶽山に不安を感じてしまいます。

Z250SL試乗ツー

IMG_0628.jpg

『コレ、欲しい! かっこいい、乗ってみたい』
「明日(月曜日)ナラシがてらちょっと走りに行くけど、乗ってみる?」

ということでちょっと走ってきました。

予報では晴れ・だったのですが、寒気が入っているらしく朝から怪しい雲行きです。
今年に入ってからやたらと悪天候に祟られている月曜日(定休日)。
今回も例外無く祟られてしまいました、茶臼山では雪まで降ってましたから(泣)。

でも、ハーフウェット&時々雨&寒&時々ドライ路面+春の陽ざしのワインディングをZ250SLで走り、試乗もしてもらいました。

試乗の結果は・『うーん、やっぱり今のバイク(Z250)に手を入れてあげようかな・・・』でした。
日帰りからロングまでツーリングのみの使用が主の試乗希望者には私も同感です。
Z250SLが楽しいバイクではないということではありません。
Ninja250SLも同じですが、非常に割り切ったバイクです。
排気量、パワーこそ小さいものの6Rや10Rと同じSSコンセプトで造られたバイクだと思います。

原付バイクと言ってしまっても良いほど小さくて軽い車体に、頑強なKLX250のエンジンをファインチューニングして搭載しているのですから、その走りのレスポンスの良さ、走りの楽しさは容易に想像できると思います。そして実際に走ってみてもまさにその予想した走りそのものです。

振動、エンジン音はワイルドです。スロットルレスポンスも良く足回りも硬め、SL(スーパーライト)な車重と原付並みのホイールベースで、いつもの通りに体を入れたりすると間違いなくオーバーステアで曲がり過ぎてしまう程良く曲がります。調子に乗ると危険ですがタイトな切り返しも瞬速です。

今回の走行距離は260Km(内高速道路約50Km)ほど、ごくごく普通に走った結果の燃費は約34Km/Lでした。
燃費もスーパーライトです。

さて、このZ250SLに乗って『ウヒャー!楽しい!!』とはしゃいでいた試乗希望者がどうして『今のバイク(Z250)でいいかなぁ』という結論になったか。
私には判っていたんですよね(^^;

ツインエンジンのZから単気筒のSLへ乗り換えた時は、SLのその驚異的に軽快な走りにビックリで、ワイルドなサウンドや振動、硬い足回りなんか気にもならなかったのが逆にSLからZへ乗り換えてみると、Z250のなんと快適なことか・静かで滑らかで、それでいてトルクフル! 
冗談抜きで、SLで一時間走った後にツインエンジンのZ(やNinja)に乗り換えてみるとめちゃくちゃよく判ります、ツインエンジンのZが高級車に思えます。

こう書くとSLがまるでツインエンジンのZに対して格下の250ccみたいな印象になってしまいそうですがそれは全然違います。
この2台の違いは、例えばツーリングスポーツとスーパースポーツのような違いです。

軽自動車がすれ違えない程度の酷道ワインディング。
前後の動きも大きく乗り心地の良いツインエンジンのZではある程度は安全マージンをとらないといけないところを、自由なラインどり、心地よいレスポンスで思いっきり軽快に駆け抜けられるのはSLです。
兄貴分のSSマシンでは速度も桁違い、走る場所も限られた、そんなリスキーな走りでないと味わえない楽しさを近場の山道で手軽に楽しめるところがSLの魅力だと思います。(あくまでも個人的な嗜好ですが・)

小さめのサーキットを走ることができればそれはもう、気分はスーパーバイクです。(^^)

それと、このバイクを乗り込めば間違いなく上手くなります。

Z250SL、Ninja250SLはそんなバイクです。


久しぶりにGooBikeに広告を出して今日雑誌が届きました。
久しく見ていない中古車雑誌、サクッと目を通して色々とショックを受けましたね。
スゴイですね、300万円以上もするZⅡとかあるんですね!
リアルでZⅡ乗り回していた私には到底理解不能です。
そのZⅡを企画し、設計し、試作し、何年間もテストして造り上げたメーカーのカワサキが、その川崎重工が会社の総力を注いで造り上げたNinjaH2よりも高価なZⅡが売られているんです。
300万円を超えなくても、200万円以上のZ1、ZⅡもいっぱいありました。

おかしくないですか? 何かヘンじゃないですか?
値段を付けてあるだけじゃないでしょう、ウチのお店はお金もないので探すのに苦労するようなスペースしか広告出せませんが、そんなバイクを売ってるお店は1ページ見開きの広告代払ってるんですから実際に売れているんでしょう。

誰がそんなアホみたいに高価な古いバイク買うの???
40年も前のバイクだよ! 壊れていないことが不思議な状態だよ! 造ったメーカーだって1年や2年しか保証できない機械なんですよ!
ちなみに、名のある刀匠が打った日本刀でもそこそこの刀が買えますから、その値段。
何百年もの歴史がある伝統の技を受け継いだ刀匠が何週間も掛けて鍛え、同じく伝統の技を持った研ぎ師が精魂込めて研ぎあげた、それだけの匠の技がないと造れない日本刀・それと同じ値段なんですよ。
誰でも組めるシンプルなZのエンジン、車体、塗装・・・どれだけ語っても日本刀と同じ価値があるとは到底思いません。

Zの組み立てしたければ誰でもできますよ!ご希望なら教えてあげますよ。タダで!

全国探しても数台しか無いバイクならわかるけど、そっこら中にあるんじゃないのZ1/ZⅡなんて!?
【半値八掛け5割引き】質屋の買値どころじゃないよきっと、金儲けの金の玉ですよ。
捨てるほど金持ってるヤツが好きで買うのなら全然構わないけど、若い人がローン組んで買うなんて有りえないですから。

まぁビックリクリクリですわ!
プロフィール

Tencho

Author:Tencho
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR