FC2ブログ

2017年鮎釣りまとめ・その三

P9250027.jpg

今シーズン、鮎釣りで訪れた河川は三重県の大内山川、長良川、吉田川、牛道川、白川、加子母川、付知川、馬瀬川、和良川、敦賀の笙の川、同じく敦賀の耳川。
よくもまぁあっちこっち行ったもんです(笑)
釣れた数は別として、どこの河川でもそれなりに鮎釣りを楽しむことができました。

シーズンを振り返りながら、そんないろんな河川での釣りを思い出してみると、釣れた数と釣りを楽しめた満足度は一致していないのを改めて感じました。

私の場合、渓流の餌釣り、毛鉤釣り、フライ、ルアー、そして海のルアーと色々やっているわけですが、特に河川での釣りの場合は透き通ったきれいな水の河川で釣りを楽しめること自体が大きな楽しみの一部になっていて、鮎の場合もやはり同じなんだなと思った次第です。

太い流れの中に腰まで立ち込み、流心にオトリを送り込んでガツン!と大きなアユを抜きあげる釣りもダイナミックで病みつきになる部分もあるんでしょうが、今の自分では恐くてやる気が起きません。

やはり、せいぜい膝くらいまでの浅い平瀬やチャラ瀬で太陽の光を背に受け、掛かったアユのきらめきとアタリを同時に感じて釣れた時が最高の瞬間です。

確かに泳ぎやトラブルなど目には見えないオトリの状態を竿を通して感じ取りながらの操作を意識して釣りができれば技術も上がって、自ずと釣果もついてくるんだろうなということも解りました。

まぁ、今の自分にはまずはちゃんと人並みに釣れるようになることが必要であって、とにかくどんどん釣りに行くことかなと思っています。
来シーズンは長良川で修業します(^^;)。

今シーズン最後の釣行となった長良川(吉田川街裏)ですが、数こそは8匹で少なかったのですが、午前中本流を探っても全くと言っていいほど反応が無く、午後から場所を変えるつもりで昼食のために帰る際に岸際のチャラ瀬にたくさんの鮎を確認できたので昼食後は移動をせずにチャラ瀬の鮎を狙ってみたところポツリポツリと掛かって大きいサイズも出ました。
何よりもかかる瞬間が目で見れるのが楽しく、今シーズン最高の満足な2時間だったと思います。

P9250029.jpg

シーズン終盤、加子母では3連荘でハリス切れも経験しました、おかげで太い仕掛けも用意しました。

シーズンを終えたばかりなのに早くも来シーズンが待ち遠しくてたまりません、何十年ぶりなんだろうか、この感覚。
年齢を重ねて、色々な遊びを楽しんできたからこんな楽しい思いができるんだろうか・・・きっと違うと思います。
子供のころから鮎釣りをやっている人はずーっとやっていることを考えると、ただただ単純に面白い釣りなんだと思います。

もちろん人によって好みの合う・合わないはあると思いますが、来シーズンは一人や二人はこの楽しい世界に引きずり込めたらと思っています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tencho

Author:Tencho
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR