ChipStop_W.jpg
初代(W650用)チップストップは実はカワサキ純正用品のエンジンガードやキャリヤなどを造っていた大阪の工場で造っていた。
実際に工場を見たわけでもなく、会社の規模を聞いたわけではないけれど、年に数回の電話には事務なお姉さんや、営業マンが出るわけではなく、やさしい大阪弁のおばちゃんが『ああ、めいせいさんね、いつもお世話になってますぅ』と言って、すぐに社長を呼んでくれる、そんな町工場。
奥さんと社長、そしてまた同じような年齢の職人さんが数人といった感じの町工場。

試作一発目でまさに求めていたそのものの製品を造ってくれた社長は私が求める機能や質感、細かい部分の仕上げまでもが電話で話すだけでイメージできる本当の職人さんでした。

そして今年、在庫が無くなったために追加での製作をお願いしようと電話をしたところ、『もうこの7月で廃業をきめたところでねぇ。。。私ももう74になりますねん・・』とのこと、社長の声は申し訳なさそうでした。

今、W800関係のキャリヤやエンジンガードが欠品中なのは廃業前にたくさん造ってあった在庫品がついに完売してしまったからですね、。

どんどん消えて行ってしまう職人さん、技を継承する人がいないのは私たちの整備業界も同じくです。
JRの貨車整備でも全く同じだそうです。
安給料で危なくて汚くてきつい所謂3K、そして光を浴びることも少ない地味な仕事に後継者がいなくなるのは当たり前のことですが、、。ですが、気が付けよ!そろそろ。 でないととんでもないことになっちゃうよ!
いったいこの国はどうなってしまうんでしょうか。

しかし、何もかもがお先真っ暗かと思いきや、頼もしい若者もいることがわかりました。
現行チップストップは若者の行動力ですぐに増産、新しいバージョンまで造りました。

そして、ここ数年のNinja250。
名西カワサキでも例外なく20歳前後をはじめ若い人たちが急増しました。
みんな素直だし真面目です。しかし反面、そんな若い人たちを全く助けていない社会や政治に腹が立ちます。
マスごみ!に至っては『消えて無くなれ』です。

あ~ぁ、愚痴ってしまうなぁ・・・

ま、こんなめんどくさい話をNinjaの若い子に話したりはしませんよ!
頑張ってうまく走れるようになるよう指導いたします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tencho

Author:Tencho
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR