FC2ブログ

ダートでのABS体感記

KLX230_RR_Brake

KLX250の販売終了以来もう出ないかとさえ思っていたオフロードモデルが発売されました。
個人的には超嬉しいのですが、ずーっと気になっていたのが今や法律で義務付けされているABS(アンチロック・ブレーキシステム)が装備されているのか?ということ。

ダート走っていてリヤホイールがロックしないなんて、長年オフロードバイクに乗っている人であれば想像する限り 『ありえん!』、『止まれそうもない!怖い!』そう思うのではないでしょうか。
自分も同じでした。

法律施行後の新型車には取り付けないといけないので仕方がないですね。

カワサキが試乗会を開催してくれたので行ってきました、会場は員弁のモトクロスコースです。
当日のコンディションは完全に乾ききった路面で、コーナーではカチカチに固まった赤土のバンクで、イン側はこぼれた土がざらざら積もった滑りやすい、いつもの員弁のコースといった感じで、土を掴んで撒きあげるような所は殆ど無い(自分は嫌いな)コースコンディションです。

試乗した車両はKLX230(公道走行モデル)と本来の意味でのオフロード(公道走行不可)モデルKLX230R。

肝心のABSの感想はというと、初めに書いてしまいますが個人的には 『素晴らしい!』 です。

試乗開始に際してまずはパイロンを置いて8の字から。
パイロンからフル加速して次のパイロンの手前でフルブレーキング! ザッ、ザザッ!といった感じで、前後輪ともにロックしかけた瞬間の感じを保ったまましっかりと減速。
感覚的に後輪がロックして横へ滑り車体の向きが少し変わったところで寝かし込みクラッチを放してターンに入る、そんな従来のバイクの挙動が体に染みついているので、自分の体の方がヘンな動きになってしまいターンのタイミングが上手くいきません。
それよりも、ちょっと慣れてきて結構な勢いでパイロンへ突っ込んで行っても確実に減速できてしまいます。

比較さえしませんでしたが、前後輪フルロック状態よりも間違いなく制動距離は短いと思います。

そしてコースイン。

さすがにモトクロスコースではKLX230Rはメチャクチャ楽ちんで楽しく走れます、軽さとサスペンションの違いが歴然でした。
公道モデルの方はやはりジャンプのあるコースでは思いっきりというわけにはいかず、重さかな?特にフロントヘビー感を感じました。

午前~午後と試乗しましたが、午後からはコーナーリング中のABSの効き具合?と、皆さんが試乗した後なので熱ダレを見てみたいな・ということで、侵入からコーナリング中にガンガン(自分的には)ブレーキを踏みまくってみました。
カチカチの路面にザラザラと浮いた赤土、そんなコーナーの中でバイクを傾けてのリヤブレーキガンガン!
今まであり得ない事なので何とも不思議な感覚です、バイクを寝かし過ぎない限り滑らないんです。

スロットルを開け気味でリヤブレーキで速度をコントロールしているような、まるで舗装路面で小回りターンをしているみたいな走りができました。
3周の間リヤブレーキを使いまくりましたがブレーキは抜け(熱ダレ)なかったのですが、林道などで多用し過ぎて抜けてしまった時はちと怖いかな、、踏み応えが無くなるからわかるかな?

テールスライドでバンクにぶち当てて一気に飛び出すような、モトクロスでの走りが染みついている人は違和感以外の何物でもないかもしれませんが、少なくとも林道初心者にはこのABSは非常に有用な機能だと思います。

昨日お店にも入荷しました。
試乗車にできるといいんだけどなぁ
スポンサーサイト



乗りたいなぁ



タイヤを換えて1回走っただけ。
青光りしたタイヤが 『ほらほら、乗るなら今だよー!』って言ってます。

秋のツーリングシーズンまっただ中、せめてもう一回、走りたかったなぁ
バイクに乗り出してから45年、最悪な10月だったと思う(泣)

もう次のツーリングは『寒い~(><)』を通り越していそう、頼むから晴れてほしい!

無題



あの時のような衝撃的な、全く新しい出会いが欲しかった・

やっぱり良かったよなぁ、 だけじゃあその気にならない。

昭和のオッサンに対してはそれでいいのだろうなぁ。

現代の人達はあの頃の俺たちと同じ感動を受けているのだろうか・・・

USA直輸入ブーツ

ライディングブーツ

みなさんがオフロードギヤを注文するということで自分も相乗り。
チラッと見た印象だけで注文したブーツ。
価格は106USドル。見た目よりは安価です(中●製ですから(^^;)。
ちょっと心配だった足の形にフィットするかどうかの点は何とかなりそうな履き心地。

カッコイイんだけど、いつ履く????

元気な女子たち

有峰湖ツー

真夏・と言ってもすでに秋が立った8月最終の日曜日、一年半ぶりに有峰湖までツーリング。
毎年『暑いけど行っとく?』てな感じでツーリングを企画するのですが、やはり今年の天候は”異常”の一言。

やや遅めの出発で朝6時に名古屋を出発。
前夜の涼しさからほんの少しだけ用心して、いつものジャケット+薄めのパーカーをインナーに出発したのですが往路の岐阜の山中ときたら、それはそれは涼しくて(というより寒くて)ビックリな気温。
せせらぎ街道、西ウレ峠では14℃の表示に震えあがりました。

朝の予想外の寒さ以外は良い天気でカラッとした涼しい空気の中快適なツーリングで、トラブルもなくワインディング&美味しい昼食を楽しみました。
朝の空気は金木犀の香りが漂ってきそうな完全に秋の空気です、暑さがぶり返さずにこのまま快適な秋が始まって長続きしてくれたら嬉しいなぁと思えた一日でした。

写真は、時間的に余裕がなくて有峰湖の有料林道入り口で引き返す際に駐車場で撮ったものです。
今回も半数弱が女子! そしてお決まりのジャンプ写真(^^)。
女子は元気です、着実に上手くなっています・喜ばしい限り。
若者男子はいません(><)・情けない現実。
プロフィール

Tencho

Author:Tencho
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR